女性が選ぶ口臭サプリランキング

潤いキープタブレットの3つの注目ポイント・副作用・飲み方をご紹介!

口コミ件数:0

0

潤いキープタブレット

商品名 潤いキープタブレット
通常価格 2100(税抜)
定期価格 1890円(税抜)
内容量 12粒/1袋、7袋で1セット販売のため全部で7袋で84粒になります。
成分 ラクトフェリン・ラクトパーオキシダーゼ含有食品(ぶどう糖、デキストリン)、ソルビトール、重曹、酸味料、乳化剤、香料、酸化ケイ素、ラクトフェリン(乳由来)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、pH調整剤、ラクトパーオキシダーゼ、グルコースオキシダーゼ
支払方法 クレジットカード、郵便振込、コンビニ振込
送料 600円 ※7袋を1セットとして販売しているため、2セット以上お買い上げの場合送料無料です。

潤いキープタブレットについて

森永製菓株式会社が販売している潤いキープタブレットは、年齢とともに減少する「唾液の量」や「唾液の機能」を補うことができるタブレットです。

なぜ唾液の機能を補うことができるのかというと、加齢で減少しがちな、唾液中の成分の「ラクトフェリン」、強力な過酸化酵素の唾液成分の「ラクトパーオキシダーゼ」、シュワっとした刺激が唾液の分泌を促す「発泡成分」、酸味が唾液の分泌を促す「クエン酸」を成分として含んでいるからです。

唾液の量が増えることにより、乾燥による口のネバつきを抑えて、口臭予防になります。

潤いキープタブレットを使用している人の口コミを見ると、「口に入れてしばらくすると唾液が湧いてくるみたいに舌の周りを潤していきます。」、「シュワっとして、とてもスッキリします。」といった意見が多く、楽天のレビューでは☆5つと非常に高い評価をえているようです。

商品の内容量は1袋に12粒と非常に少ないですが、7袋で1セットのため約1か月分は入っています。

コストパフォーマンスはそんなに良くないかもしれませんが、口の中の渇きと口臭が気になる方にはオススメできる商品だといえるでしょう。

3つの潤いキープタブレットの注目ポイント

潤いキープタブレットの3つの注目ポイントをご紹介していきます。

Point 1 唾液機能のサポート成分配合

口の中の悪玉菌の増加を防ぐ「ラクトフェリン」や、過酸化酵素の働きにより、強力な殺菌作用を持つ「ラクトパーオキシダーゼ」を含んでいるため、抗菌作用を発揮し、失われた唾液の機能を補ってくれます。

Point 2 発泡成分と程よい酸味で口の中爽やか

「発泡成分」で口の中をシュワっとさせて、クエン酸による酸味によって、口の中に泉ができたかのように唾液を湧き出させます。

Point 3 持ち運びやすい

1袋の内容量を抑えることで、かさばらずに非常に持ち運びがしやすくなりました。

副作用について

潤いキープタブレットによる副作用の報告はありません。

定期コースについて

潤いキープタブレットの定期コース購入は、通常価格から210円OFFの1,890円(税抜)でお届けしています。

定期コース購入すると送料が無料になり、さらに定期購入の解約はいつでも可能なので、快臭リフレを長く続けようと考えている方は、定期コースがオススメです。

潤いキープタブレットの飲み方

1日3粒を目安に、噛まずになめてお召し上がりください。

口コミレビュー

総合評価
0
評価分布口コミ(0件)
パーセンテージグラフ

5

(0)

棒グラフ

4

(0)

棒グラフ

3

(0)

棒グラフ

2

(0)

棒グラフ

1

(0)

棒グラフ

実際に潤いキープタブレットを体感した使用者の口コミです。

top