女性が選ぶ口臭サプリランキング

オリゴ糖の効果と副作用

便秘や硬い便を改善するには、食物繊維や水分、そしてオリゴ糖が大切って知っていましたか?

便秘や硬い便が続いてしまうと、体と心にさまざまな悪い影響が出てくるので、なんとか改善したいですよね。

そこで、ここでは便秘や硬い便の解消に役立つ「オリゴ糖」についてご紹介していきます。

オリゴ糖の効果や副作用など、しっかりと説明していくので、便秘や硬い便でお悩みの方はしっかりと参考にしましょう。

そもそもオリゴ糖とは

オリゴ糖とは、一般的にブドウ糖や果糖(炭酸飲料水の原料)などの単糖類が2~10個ほど結びついたものを総称してオリゴ糖と呼ばれています。

オリゴ糖にはイソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ラフィノース、キシロオリゴ糖といった種類があり、それぞれ甘味や特徴も違います。

ですが、種類が違っても腸内有用菌の活性化や大腸がん予防、甘味の低減などの共通点があり、カロリーに関しては砂糖の半分以下で、オリゴ糖は体内に吸収されずにしっかりと排出されるのでダイエット向けとしても考えられる成分です。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は便秘解消の効果や低カロリーのためダイエットにも効果があると言われています。

オリゴ糖は小腸では消化・吸収されず、大腸まで到達する特徴があり、そのことでビフィズス菌をはじめとする善玉菌といわれる腸内細菌を増やして便秘を解消してくれます。

便秘が続くと体調にも影響が出てきて便秘が解消されることによって、イライラの解消や肌荒れの改善、口臭・体臭の解消効果、そして血糖値の上昇を穏やかにしてくれることから糖尿病の改善効果などもあります。

またオリゴ糖の種類によっても効果が違うので見ていきましょう。

イソマルトオリゴ糖

原料はでんぷん、味噌、しょうゆ、はちみつなどに含まれ、熱や酸に強いのが特徴のひとつです。

腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を整える働きがありますが、ほかのオリゴ糖に比べると、胃酸や消化酵素の影響が受けやすいため腸まで届く確立が低くなります。

効果としては虫歯になりにくく、砂糖のような甘味がありますが、低カロリーなのでダイエット効果にも役立つでしょう。

フラクトオリゴ糖

タマネギ、バナナ、ゴボウ、ニンニクなどに含まれます。

フラクトオリゴ糖は胃で消化されずに腸にしっかりと届けられるタイプのオリゴ糖で、コレステロールや中性脂肪の低下や腸内腐敗産物の低減、虫歯予防などの効果に期待できます。

ラフィノース

ラフィノースは、天然に存在するオリゴ糖の1種で、主にビートから抽出して精製され、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなどの植物に含まれています。

ラフィノースには免疫力を活性化する作用やアトピー性皮膚炎改善効果、肝機能に対する効果などが研究で発表されています。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は大豆に含まれているオリゴ糖の総称で、主成分はスタキオースやラフィノースです。オリゴ糖の中で最も甘味を持っていて、甘味度は砂糖の70%ほどあると言われています。

大豆オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を増やして腸内の健康に役立ち、便秘の改善効果があります。

大豆そのものを摂取することで大豆オリゴ糖を摂取することができて、大豆には肥満の予防や動脈硬化の予防などの効果があるので、大豆オリゴ糖を摂取することで、このような効果にも期待できますね。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は母乳に含まれているオリゴ糖で、やわやかな甘味ですが甘味そのものは弱いのが特徴です。

消化性は少なくビフィズス菌の増殖作用のほか、たんぱく質の吸収を助ける働きがあります。

乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖は天然の素材から摂取するのはとても難しく、発酵ヨーグルトに少し含まれているぐらいだと言われています。

そのため牛乳を原料とした乳糖やサトウキビのしょ糖から人工的に抽出されています。

乳果オリゴ糖の効果としては、善玉菌の増加や免疫力向上作用、便秘解消効果が高いことが確認されています。

オリゴ糖の副作用

基本的に副作用の心配はありませんが、過剰に摂取すると下痢や腹痛、便の緩みなどの副作用があります。

厚生労働省により1日の摂取量を定められていませんが、便秘だからといって過剰摂取するのは避けましょう。

また、オリゴ糖は一度にたくさん使用するよりも、適量を継続していくことで効果を発揮させるので、地道にオリゴ糖を体内に取り入れ、お悩みを解消しましょうね。

まとめ

オリゴ糖は、便秘解消の効果があることから体や心の悪影響を改善してくれます。

とくに便秘により口臭や体臭を漂わせることもあるので、エチケットトラブルにも効果があるでしょう。

便秘が原因で口臭や体臭を発生させている人は、オリゴ糖が含まれている食材やサプリを摂取するといいかもしれませんね。

top