女性が選ぶ口臭サプリランキング

柿の効果と副作用

秋の果物で代表的なのは「柿」ですよね。色づいた柿を食べると病人が少なくなり、医者が大変困ったということから「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われるくらい、柿は栄養価が高く健康に良い果物といわれています。

女性にも嬉しい便秘改善などに期待ができることから、サプリメントに使用されることもあるそうですね。そんな柿の効果や副作用について、しっかりと解説していきます。

そもそも柿とは

昔話の「さるかに合戦」で登場してくる柿ですが、柿はもともとは中国が原産で、国内では「古事記」や「日本書紀」に柿の名前が記されていることから、少なくとも奈良時代には渡来していた果物です。

柿の木は植物状の分類はツツジ目カキノキ科となり、柿の品種は1000以上もの品種があるといわれています。

柿には「甘柿」と「渋柿」があり、この2つの違いは渋み成分「タンニン」が口の中で溶けるかで決まります。溶けると渋くなり、溶けなければ甘くなります。

また、タンニンだけではなく、ビタミンCや食物繊維、カロテン、カリウムなどが含まれていることにより、色んな効果に期待ができます。

女性が選ぶ口臭サプリランキング

柿の効果

柿には食物繊維が含まれていて便秘改善に役立つということが知られています。特に甘柿や干し柿には食物繊維が豊富に含まれいます。

食物繊維不足になると便秘になりやすくなるので、食物繊維をしっかりと補給しないと便秘になってしまいます。

一般的に「弛緩性(しかんせい)便秘」という便秘が、日本人に多い症状で、食物繊維は「便のかさを増やす」、「大腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進する」、「腸内の有害物質を吸着する」、「腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす」などの働きをしてくれます。

このことから柿には食物繊維が含まれていて便秘の改善に役立つことがわかりますね。

また、柿渋(柿タンニン)という渋柿の果汁を発酵させて作る液体は、体臭の改善効果があります。

柿タンニンに含まれる成分「フェノール性水酸基」が、体臭や加齢臭の原因である「ノネナール」といった悪臭成分と化学的に結合することで、ポリフェノール付加化合物に変化して消臭します。

柿タンニンには酸化防止の役割もあるので、汗や汚れの酸化を防止し、臭いの発生を防いでくれます。

柿の副作用

柿に含まれるタンニンには、体臭や加齢臭の改善に期待が持てますが、過剰摂取すると便秘になってしまうこともあります。

タンニンは腸内細菌の活動を制御する効果がありますけど、いきなり大量にタンニンが腸内に入ってくることで、腸内環境の変化が原因で「けいれん性便秘」という症状を起こすこともあります。

この「けいれん性便秘」は便秘と下痢を交互に繰り返すことも多いので、柿の食べ過ぎには注意しましょうね。

top