女性が選ぶ口臭サプリランキング

年齢問わず女性必見!│歯周病を治療して口臭予防

歯周病を治療することによって口臭が予防されます。歯周病はほとんど痛みもなく進行していくので、自分で判断することができません。

よって、どんどん悪化するとともに口臭も酷くなります。そうならないためにも治療について紹介します。

女医と歯のイラスト

歯周病に年齢は関係ない

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のことで、自分で歯周病だと自覚している人は少ないでしょう。

ひとつのサインとして、腐敗臭のような口臭がするようになりましたら歯周病になった可能性があります。

歯周病に年齢は関係なく、ほとんどの人が40代くらいからなるものだと勘違いして歯を失っています。

油断をすれば歯周ポケットというのが歯と歯茎の隙間にできて、その歯周ポケットに食べカスが溜まり、ばい菌に汚染されて歯が取れてしまいます

歯が取れることによって、隙間に食べカスや皮膚が腐ることで口臭がするようになります。歯周病は自然治癒することがありません。

なので歯周病になりましたら口臭にも関係してくるので積極的に治療しましょう。

歯周病を治療して口臭をさっぱりしよう

口臭のもとになる歯周病を治療して、お口の中をさっぱりさせましょう。

治療の方法には大きくわけて「基本治療」と「外科治療」があるので、しっかりチェックしましょう。

基本治療

歯周病の進行にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。

原因である歯垢(プラーク)の除去および、歯根面に沈着する歯石を除去ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などをします。

ほとんど歯垢(プラーク)を取ることをメインにしていて、自分で歯垢(プラーク)が取れる環境にするために、歯石を取ることがほとんどです。

基本治療ができていなければ外科治療をしても意味がないので、時間をかけて基本治療をするのが重要になります。

外科治療

基本治療の治療後に歯石がポケットの深いところまで入り込んでいて取れない場合は外科治療を行う必要があります。

歯石がしっかり取れていない場所は歯ぐきに麻酔し、スケーラーの届かなかった部分に、ハンドスケーラーで歯石や汚れを取り除きキレイにします。

治療をしたからといって、歯周病が治ったことではないので、定期的に口の中を診断してもらいましょう。

歯周病になる前にブラッシングして口臭阻止

歯周病になる前にブラッシングなどをして口臭を生み出さないようにしよう。

ブラッシングをするときは、ブラシがしっかりと歯にあったっていなければ歯垢(プラーク)は取れません。5分間磨いても、しっかりと磨かなければ意味がありません。

なので、しっかりと歯と歯茎の間や目に見えない場所を丁寧に磨いて歯周病になる前に予防しましょう。

女医と歯ブラシと歯のイラスト

まとめ

歯周病を予防するには「基本治療」「外科治療」をする必要があり、治療が終わっても完全に治ったことにはならないので、定期的に歯医者にいくことが口臭をなくす方法になります。

口臭がする人は歯周病のサインでもあるので、心配の方は診断することをおすすめします。

top