女性が選ぶ口臭サプリランキング

口臭予防!白い舌をきれいに掃除して口臭を防ぐ

舌の色がピンク色ではなく、白かったり黄色くなっていると不潔な印象がありますよね。男性ならまだしも女性で、舌が汚いと致命的でしょう…

この白い苔(こけ)のようなモノは舌苔といいます。舌苔は、舌の細胞の角質が多くでき、そこに細菌などが溜ることで白く見えているのです。

実は、この舌苔は口臭の原因にも繋がってきます。不潔な印象や口臭の原因になるなんて最悪ですよね。

そこで、舌苔をキレイに掃除して口臭を防ぐ方法を紹介していきます。

女性が舌を磨いているイラスト

そもそも舌苔とは?

舌の細胞の角質に細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したものです。舌苔の原因は、ストレスなどの心身系のほか、免疫力の低下や消化器の疾患などがあります。

舌苔が口臭の原因

口臭の6割近くが舌苔から発生していると言われています。食事のときに歯できちんと噛まなければ舌苔が増えるみたいです。

舌苔が口臭と関係しているのは、揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)という物質で、この揮発性硫黄化合物は、歯周病とも関係しています。

なので、舌苔を取っても口臭が酷い方は歯周病の可能性が高いので、そのときは病院に行って診断してもらったほうがいいかもしれませんね。

口臭を防ぐ舌苔の取り方について

舌ブラシや歯ブラシで舌を磨きます。

普通に磨いていると嘔吐反射(おうとはんしゃ)が出るので、息を止めながら磨くといいでしょうね。

磨くタイミングは、歯磨きを終えた後がベストでしょう。毎日続けることによって、口臭を軽減することができるので、口臭が気になる方は必ず舌を磨くことから始めましょう。

舌苔ができないようにする方法

舌苔の原因は細菌なので、細菌が舌にへばりつかないようにすることが舌苔ができないようにする方法のひとつです。

細菌は食べカスや剥がれ落ちた細胞に付いてできたプラークというものです。舌の表面には、この細菌が約5000億個あるそうです。

舌にどれほど細菌が多く潜んでいるのかイメージできませんよね?

実は口の中は肛門より細菌が多かったりします。キスをするのは肛門どうしがぶつかり合うよりも汚いことにもなります。潔癖の人が、この事実を知ったらキスをしなくなるかもしれませんね。

それでは、本題の舌苔ができないようにする方法を紹介しましょう。実際のところ、喫煙する人やアルコール、コーヒーなどを飲む人でも舌がキレイな人がいます。

そんな舌がキレイな人は「水」をしっかりと摂っているからキレイなんですよ。水には口の中をキレイに洗浄する作用があるので、それによって舌にへばりついた細菌を取り除いてくれます。

水以外の糖質が含まれた飲み物は逆効果で、舌に付いている細菌を増やしてしまうので、舌が白かったり黄色い人はなるべく水を取るようにしましょう。

舌苔が減少されることによって、口臭を生み出すことも減り不潔な印象もなくなるので清潔に見られるようになると思います。

まとめ

舌の白い汚れを取るためには、舌ブラシなどで舌を磨かなければなりません。

毎日、ジュースなどの飲み物を飲んでいると、舌苔が目立つようになるので、なるべく水を飲むようにすると、口臭の予防にもなっていいかもしれませんね。

top