女性が選ぶ口臭サプリランキング

食べ物が口臭を悪化させる原因について

食事をした後は、口臭が気になりますよね。実は食べ物が口臭を悪化させる原因ってこともあります。

悪臭のもとになる食べ物を体内に入れると、お腹に悪臭が溜まるので、口臭を消すのが難しくなります。

少しでも口臭を抑えるために、その口臭の原因になる食べ物を紹介してみようと思います。

ハンバーガーのイラスト

口臭の原因になる食べ物

ほとんどの人が口臭のことを考えずに、食事をとっていると思います。逆に口臭を予防する目的で、食べ物を選ぶ人は少ないでしょう。

では、どのような食べ物が口臭の原因になるのでしょうか?

原因1 ニンニク

口臭の原因となる代表的の食べ物は、ニンニクです。ギョウザやラーメンに入れると抜群に美味しくなるニンニクですが、臭いのもとは「アリシン」という化合物になります。

アリシンが含まれたニンニクを食べることによって、アリルメチルサルファイドという成分に分解されて、悪臭を放つようになります。

原因2 飲酒

お酒を飲むと肝臓で分解されたアルコールがアセトアルデヒドという悪臭の元となる物質になります。

お酒を飲んだあともアセトアルデヒドは分解されるので、しばらくの間は少々酸っぱい臭いを放つようになります。

アセトアルデヒドは酸素を使って、酢酸へと変化して口臭を作り出します

酸素がなくなることによって口の中が乾燥して、口臭を酷くする恐れがあるので、お酒を飲んだ後は、しっかりと水を飲んで口臭を和らげましょう。

原因3 コーヒー

女性の方は、食後にコーヒーを飲むことや、雰囲気を味わうために喫茶店に行くことがあると思います。そんな愛されるコーヒーですが、口臭の原因になります。

実はコーヒー豆に含まれている微粒子という成分が、口臭をきつくする原因になっています。微粒子は、舌の表面にある舌乳頭に付着し、コーヒー豆の臭いを保つのです。

他にも唾液分泌量の低下を引き起こす原因にもなるので、なるべくコーヒーを飲んだ後は水分を飲んで唾液を出すことを心がけましょう。

原因4 糖分

みなさん甘~い食べ物は好きですよね。甘い食べ物を食べると幸せを感じますよね。ですが、その甘い食べ物には口臭の原因である「糖分」が含まれています。

糖分は、歯にプラークという悪臭のもとを蓄積させて、口内環境を悪化させてしまいます

それだけではなく、口の中の水分も減ってしまうので、プラークを進行させます。甘い食べ物や糖分が多く含まれている食べ物を食べた後は、糖分が含まれていない水などでうがいをしたらいいかもしれませんね。

口臭予防できる食べ物

口臭をなくすためには地道な習慣付けが、予防の鍵となります。予防する目的で、食べ物を選ぶ人は少ないと思いますが、人から避けられないためにも、予防に期待できる食べ物をしっかりと食べましょう。

サラダなどの生野菜

健康食の代表的な生野菜には、豊富な食物繊維が含まれていて、腸の中をキレイにすることができます。健康的な排泄が行われれば、自然と口臭が減ってくると思います。

生野菜には、大量の植物酸素が入っているので、唾液を分泌する役割にも期待ができます。口臭が気になる方は、野菜をしっかりと取りましょう。

フルーツなどの果物

食べ物の中で一番口臭を予防できるのは果物と言われています。とくにリンゴは、食物繊維が豊富なので口の中を清潔にしてくれて、口の中や食道、胃に残った、悪臭を放つ食べカスの臭いを消してくれます。

他のフルーツの中でもパイナップルは、臭いの元である舌苔を除去することができます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌

ヨーグルトといえば乳酸菌のイメージが多いと思います。この乳酸菌は、食べカスなどが原因で生まれる細菌の増殖を防ぐ効果があります。

歯の消臭はもちろん、舌苔の消臭の効果もあるので、口臭予防には欠かせない食べ物です。

口臭の原因である食べ物を食べた後は口臭サプリを使う

口臭の原因である食べ物を食べた後は、ガムやアメでもなかなか予防するのは難しいですよね。ガムを噛んでも一時的に口の中から口臭がなくなる程度で、ガムを噛み終えたら再び口臭が出てくると思います。

そこで紹介するのが口臭サプリです。食後に口臭サプリを飲むことによって、お腹に溜まった悪臭をガードしてくれます

またバラの香りがする口臭サプリもありますので、吐息がバラの香りにもなったりします。ほかにも驚く効果がたくさんあります。

口臭サプリを使うと、お悩みが解消され、清々しい生活が送れるようになると思いますよ。気になった方は是非試してみるといいでしょうね。

まとめ│食べ物が口臭を悪化させる

食べ物が口臭を生み出す原因であることがわかりました。食べ物の中でも「ニンニク」、「飲酒」、「コーヒー」が強力な口臭元になり、それを防ぐためには「生野菜」、「果物」、「ヨーグルト」を食べないと予防することができません。

コーヒーや飲酒は、誰もが好む習慣なので少しでも予防するために、唾液量を増やす水分または予防できる「生野菜」、「果物」、「ヨーグルト」を食べましょう。

top