女性が選ぶ口臭サプリランキング

アルコールが口臭を悪化させる

個人差があると思いますが、アルコールを体内に含むと、息が臭くなる時があると思います。もし男性とお酒を飲んでいるときに息が臭くなったら致命的ですよね。

そのような出来事が起こらないようにアルコールを飲んで、口が臭くなる原因を紹介していきます。原因を知って女子力をアップさせましょう。

女性とお酒のイラスト

アルコールを飲むとなぜ「口臭」がきつくなるの?

お酒を飲むと肝臓で分解されたアルコールがアセトアルデヒドという悪臭の元となる物質になります。

アセトアルデヒドは血流にのって肺や粘膜から臭いとなって出てきます。アルコールを飲んだあともアセトアルデヒドは分解されるので、しばらくの間は少々酸っぱい臭いを放つようになります。

アセトアルデヒドは酸素を使って、酢酸へと変化して口臭を作り出します。アルコールは利尿効果がありますので、排尿をすることによって、体の中の水分がどんどん奪われていきます。

その結果、口の中が乾き、唾液の分泌量が低下して口臭が発生しやすくなります。排尿や酸素がなくなることによって口の中が乾燥して、口臭を酷くする恐れがあるので、お酒を飲んだ後は、しっかりと水を飲んで口臭を和らげましょう。

肝臓が弱ることによって「ねずみ臭」を引き起こす

アルコールを飲むことによって肝臓が弱ってくることはご存知ですか?

アルコールは肝臓で分解・吸収されて、中性脂肪などに変えられます。中性脂肪に変わることで、各細胞のエネルギー源として体に送られ、不要な分は、炭酸ガスと水になって体内から排出されます。

肝臓が1時間に処理することができるアルコール量は少なく、体内にアルコールを取り続けると、中性脂肪が肝臓内に溜まるようになります。

そして肝臓の細胞に30%以上の脂肪が溜まると「脂肪肝」といった症状になり肝臓が弱っていきます

アルコールを普段から多く摂取している方は、脂肪肝になっている可能性があります。肝臓が弱ってしまうと、「ねずみ臭」という独特な口臭を引き起こしてしまいます。「ねずみ臭」は、カビの臭いや味噌と卵を混ぜて腐らせたような臭いです。

お酒好きの人は、口臭と関わらずアルコール自体が肝臓を弱らせてしまうので、アルコールを取るときは摂取量をしっかりと決めて飲みましょう。

アルコールによって起こりうる病気

体内に入ったアルコールは肝臓によって分解されますけど、アルコールの処理に追われると、働きが悪くなって精神・カラダがボロボロになります。

裸の女性のイラスト

アルコールを飲みすぎると上記のような病気を起こす可能性が高いので、しっかりとアルコールの摂取量を決めてお酒を飲みましょう。

アルコールを飲んだとき ~軽い口臭改善方法~

アルコールを飲んだときに、周りにいる相手に迷惑をかけないように、口臭を改善させる方法を紹介します。

水や氷を適度に口に含む

口内に、糖分の入っていない水や氷を含むことによって、口臭の元になるガスの発生が減少します。適度な水分補給は、口の中の乾燥を防ぎ、唾液の分泌量を増やすことができます

口の中が唾液で潤うことで、アルコールによって引き起こす口臭も減ります。

こっそりと唾液線マッサージ。

アルコールを飲んだときに口臭が気になった時は、こっそりと唾液線マッサージしましょう。

唾液には口内の強い殺菌・抗菌・洗浄効果があるので、口臭予防には欠かない方法です。口臭がなくなると、楽しい飲み場で堂々と会話ができるようになると思うので、口臭が気になったら唾液線マッサージをしましょう。

アルコールを飲みすぎた後の予防アイテム

男性とお酒を飲んでいて「飲みすぎた...口臭やばいかも...」と感じることはないでしょうか?

もし、男性の前で口臭を発生させると軽蔑されると思います...そうならないためにも予防アイテムを紹介していきますね。

アルコールを飲みすぎて口臭が気になりましたら、口臭サプリを飲むのが確実に予防できると方法です。

おすすめなのが、口の中からバラの香りがするようになるローズが入った口臭サプリですね。アルコールを飲みすぎても、手軽に口臭サプリを飲むことによって、口臭を発生させないようにします。

また、口の中からバラの香りがするようになるので、男性から好印象になるでしょうね。口臭予防には、おすすめなので是非使ってみてください。

まとめ│アルコールが口臭を悪化させる

アルコールが口臭を悪化させることがわかりました。実際のところアルコールを飲んだ人は口臭がすごいですもんね。

肝臓が弱まっていると、唾液の分泌量が減って口臭が続くので、肝臓が弱い人はお酒を控えたほうがいいと思います。

top